<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


2020.01.24 Friday  自分が今いる場所にはいずれ訪れる未来において、いくら戻ろうと尽力しても、二度と戻れないということを、大半の時間思い出すこともなく生きているくせに、「そんな当たり前の事、だれでも知ってるよ」という顔をしている。

朝起きると、カーテンの隙間から

古ぼけたコンクリートにオレンジがしみこみ

そのうしろに、冬らしいぼんやりとした浅葱色の空が控えている様が見える。

私は、この部屋で過ごす中で、この時間の景色が一番気に入っている。

 

駅前の花屋に、アカシアの花が並ぶ。

アカシアの花は、ステルンクーゲル、

ポポラスに続く、私の好きな植物のひとつ。

とはいえ

なんだ、そうか、

春はもっとさきの事だと思っているんだが。

 

最近は体中が痛くて

もはや本当に悪いのは大腸だけで済んでいるものか。と

疑問になりつつ

もうウーロン茶は飲めなくなってしまったので、

それをうんと薄く水で割ったものを飲んでいるような状態でも

仕事は仕事でしんどいばかりで、どうしてくれよう。

そう思う私を支えるのは

朝のそんな些細な景色と

ゆたんぽに、なめこの味噌汁、

リポビタンDに赤いマールボロと漫画本。

 

最近の通勤電車のおともは

スピッツがカバーした14番目の月と

地元で学生をしてた頃に聞いていたCDたち。

ろくすっぽ聞いたこともないくせに

荒井由実と松任谷由実だったら、荒井由実だろ。と語りだしていた誰それを思い出しながら

なんかもう、人間って本当に大変だな。と

仰々しい面持ちとやらをしてみるけど、あんまり長続きしない。

 

毎日が土曜日だったらいいのにね。

あ、そういうことですよね、14番目の月。

(違います)

 

今日は久しぶりに残業しなかったので

もう速攻で家に帰ってごはんたべてお風呂に入って寝るつもりが

なんかごはんたべてぼんやりしただけで0時になりました。

 

今日もどこかで時空がゆがんでおります。

 

もう本当に、この短文を書くだけに、どれだけの時間がかかろうか・・・

早くパソコン欲しい・・・・。

 

燃えよ剣のリメイク版5月22日公開のトレーラーを見て

恐怖に震える私ですが

それでも楽しみなものは楽しみです。

もはや絶望する用意はできていますが

それでも楽しみなものは楽しみです。

 

きっともっと、ちいさくてよい。

きっともっと、しっそでよい。

身に余るものすべてが、贅沢であると思えるほど

良いあまし方をしていない。

あまるところにありあまっているそのわり

ひとにやさしくする余裕はどこにも持ち合わせていないのだそうで

それを生き方のバランスの悪さと揶揄する人に唾を吐きながら

昨日わらっていたひとが今日いなければ、そのひとの陰口ひそひそしてて

だあれのことも信じてないのに

肝心な時には孤独をひっぱりだして泣いてみるっていうんだもの

まるで満員電車ですよ。

食事の仕方でも、服の選び方でも、話し方でもなくて

満員電車の乗り方って大切だと思う。

凝縮されておる。物理的にも心理的にも人間しかおらん。

だから疲れてしまうのか。

そういうことだったのか・・・・

これも当たり前の事に気づけない私の愚かさというやつなのか・・・

末恐ろしいです。

 

くだらないから寝よう。

 

 

またね。

 

 

 

 

 

 




2020.01.14 Tuesday  すれ違う人の横顔や、通り越していくその背中を、何度も何度も見送っているはずなのに、私の中のなにもが、過ぎ去ってはいかないような気がする、思い込みが強くなる日だってある。

ブログ放置失礼いたしました。

 

転職先が、なぜかもうそれはとてつもなく忙しく。

12月は「あと4時間で労基にひっかかるから・・・

色々うまくやってください」なんて言われた始末です。

 

なかなか血便が復活しまして

最近ではもはや血だけでるし、粘膜でるしで

そろそろ駄目な気がしております。

 

そう、ぶろぐ、ぶろぐなんですが

母親から更新の催促がきまして

 

そもそも

遠く離れた娘の生活が気になってブログを見てしまうという気持ちはわかるにしても

そもそも、私たち親子は、ときどきみうける、

母と娘が親友のように仲の良い家庭だったわけでもなく。

そもそも勘当もされましたし、わだかまりが解けたのも、学生も終わるころでしたし

そんな関係性の親が、こうやってブログを閲覧しているのは、

なんかちょっと色々違う気がするし。

コメントくださる方にもなんだか変な気を遣わせてしまうし

とはいえ、そもそも

そもそも論てきに

こうやって公共の場で本名で活動している私が悪いわけで。

 

私は、身内や、親しい人にたいして見栄っぱりなので

こう、なよなよした内容を見てほしくないわけですよ。

じゃあ、ここでも外域かつ見栄っぱりな私で押し通せよといわれますと

それはもうなぜ長年続けてきたこのブログが

なんだかまったく私にとって意味のないものになってしまうので

もはや書かないという選択肢もあるのではないか。というか

 

まあ、母親にブログをみないでくれ説得をした後で

それは母ちゃんに酷いはなしだよな。

もろもろ私がいけないわけだし

そもそもの、わたしが書かねばよいのだ。と思い

ふんぎったつもりでいましたが

これまた数年ぶりにログインしたツイッターに届いておりました

とあるメッセージを読みまして

なんかもう、今更なにをどうやっても、全員に対して無責任なのだから

自分のしたいようにするしかない。ということで

とりあえず、新選組跡地サイトが完成するまでは

ごんもりあさみの名前でもうちょっと頑張って書こうと思った今日このごろです。

 

そんな言い訳を、ここの皆様に伝えていなかった事を思い出すも

パソコンが全滅しており、もはや何もできないわたくし・・・・

 

再起動50回目のこのブログはアップできるでしょうか・・・・

 

 

※※※   ※※※   ※※※

 

私の34年間の人生において

それなりに思い入れのある知人が自殺したという話を聞いた。

わたしは、あまりに音楽から遠ざかっているので

音楽をしていたころの、

かつて日常だった人たちの

そういう報せを持ってきてくれるのは

数か月に一度会う、友人だけで

そうするとかなり現実との時差があって

だけども気持ちに時差がない分、

気持ちがどこにも行けない具合で

部屋の中にとどまってしまうことが多い。

 

去年は3人かあ。なんてぼそっと言った友人のように

割と人の死には慣れてきていたつもりでも

思い入れという気持ちの匙加減で

こんなにも自分にとっての死の種類は変わるものなのだな。と

いのちのおもさはかわらないはずなのに

わたしはこうやって誰かをひいきしながら生きていくのだと思うと

ほんの少しだけ安心した。

 

まだまだまだ

ある日突然世界平和を歌い出すような人間にはならないですむぞ。

と。

 

ね。

 

 

※※※   ※※※   ※※※

 

結構、割と、色々なことがあって

その都度、ブログに書こうと思い

言葉に変えた出来事がたくさんあったのに

いざ書こうと思うと

すっぽりどこかに置いてきてしまったようで

 

明日も残業終電コースになりそうだから

とりあえず一刻も早く寝た方がいいんじゃないの。と

そんな心配しかできない私です。

 

パソコン貯金と新選組函館ツアー貯金が達成しましたら

もう少し、色々、色々ね。

 

すみません。

こんなんで。

 

 

久しぶりに実家に帰ったら

菅原さんは私のことをすっかり忘れたようで

まったくなつかれずに終り

稲田さんだけは相変わらずでした。

 

私は私が想像していたよりずっと、

そして想像できていた種類の孤独とはまったく別物の

孤独な人間になっていくんだな。と

そんな風にしか思えない今日この頃ですが

まあ、人生で正解を選択できた事なぞ、そもそもないではないか。と

 

今目の前にあるものを片付けては休んで、片付けては休んで

ただ、部屋の模様替えをしているだけのような気がするときもありますが

 

みなさんの1年が実りあるものになるといいなあ、と

私もがんばろう。そろそろ。

って、ずっと言ってるな。

 

何も頑張っていないわけではないけれど

ものすごく頑張っているわけではないので

ものすごく頑張りたいそろそろ。

 

でも頑張る前に、ねよう。

 

おやすみなさい、

またね。

 

 

 




2019.09.23 Monday  隣は芝生を青く見せようとしているだけの話で

それは街路樹の葉の裏側だったり

公園のごみ箱の空き缶と空き缶の間だったり

街の至るところに、こびりついていた夏を

はたき、履き出していくような強い風と

それらにあらがうことなく

だけどあまりにたくさんの数が隠れていたせいで

暑さが、埃を立てるように、はじける。

久しぶりに部屋中の窓を開けてベットに寝転んでいると

そんな風が、部屋中の花瓶や小物をなぎ倒し

むわりと立つ暑さが、うなじをじわりと濡らすので

夕方一番のお風呂めがけて、掃除とブログを書き始めた月曜日です。

 

昔も、こういう風を身体にうけたことがあったな。

あれはまだ私が20代のころで

仕事や、いろんなことにつかれてしまっていて

それを見かねた知り合いが、

レンタカーを借りて、山の上のはらっぱまで連れて行ってくれた時だ。

広げたお弁当を空にして

寝転がった少し硬くなった芝生の上で

そうそう、一言でいうと

風が吹きすさんでいた。

ただ、それだけの事なのだけど

あんなに何も考えずにぼうっとできたのは久しぶりのことで

そうそう、その時だったよ

久しぶりに、記憶しりとりをしようとして

はじめて、記憶しりとりができなかった。

 

こころに、なにも置かない人だって、いるのだ。

いたのだ。

そんなことを、ぼんやり思った。ことを

思い出した。

忘れてたな

そうだな。

そういう人がいることを、思い出したら

今自分が不思議に思う些細な事に対して

なんだか少し、気持ちが楽になった気がした。

 

※※※   ※※※   ※※※

 

私がまだ実家にいたころ

姉は、耳をすませばが大好きで

それはもう私にとってのマクロスまでとはいきませんが

家族があきれるほどには、それを見直していて

あの頃の私は、姉の好きなものが、なんとなく苦手で

そういえば、、ちゃんと見たことない気がする。と思い

思い立ったので見てみたところ

記憶にある姉のおおよそがそこにありました。

そしてそれは、もちろん姉が後者で

耳をすませば。は、姉のあこがれていた青春の何かだったのだろうと思った。

 

わたしはついぞ20代半ばまでは

ろくに見てもいないくせに、

意味もなくジブリがあまり好きではなくて

アニメの王様みたいな印象も手伝い

ほとんど見たことがなく

ナウシカの漫画を読むことはあっても

魔女の宅急便を好きになってからも

今日までろくに他の作品を見たことがなく

そのことを思い出して

先々週くらいから

ずっとジブリ映画を見ている。

 

高校生のころ

とてもやさしい先輩がいた。

学校は違ったけれど

夏の夏期講習で知り合った2つ上の先輩。

 

先輩の家に遊びに行くと

いつもお母さんが、とんでもないごちそうを作ってくれた。

時々家族の誰かが部屋をのぞきに来ては

優しい言葉をかけていった。

うまくは言えないのですが

あの家には

当時のわたしが想像しうる、

幸せな家族そのものがそこにあった。

 

そしてその先輩のまわりにいる友達も

あの頃の私とは不釣り合いに

こころが優しい人たちが多かった。

 

こういう、こころがきれいなひとって、いるんだなあ。と思った。

でも、そのきれいさが、少し怖くて

その先輩が大好きだというジブリ映画が

どうしても怖くて見れなかった。

 

そうそう、

そうだ

それも手伝い

余計に見てこなかったのだ。という事を

このブログを書いていたら思い出して

なんだか少し、おかしな気持ちになった。

 

夏期講習が終わったあとも

勉強をしたり、絵をかいたり、

MDを交換したりしながら、月に1度ほど、先輩と遊んだけれど

先輩が東京の美大に受かってからは、疎遠になってしまった。

もちろん先輩は、色々と気にかけてくれてはいたものの

超絶外界シャットオフ時代に突入したあの頃

のきなみ疎遠にしてしまった人の中に、その先輩もいた。

と、言った方が正しいかもしれない。

 

私は本当に昔から、

思い込みだけで生きているようなところがあったから

そういう、ところだよ、そういうところ。

と、一人で納得して

そりゃあ笑いたくもなりますよ。

 

悲しいくらい、本当に全部が全部、

選んで選ばれここにいるのだと思うと

当然の結果しかない具合が

本当に笑いたくなってしまって

とても、とても良い。

 

※※※   ※※※   ※※※

 

新潟でどうしても、うんげっちゅしたかった

麒麟山という日本酒。

目的地が上越方面だったため手に入らず・・・が

知人が、阿佐ヶ谷で見つけた!!ということで

わざわざ買って持ってきてくれたので

今日はひとり酒盛り。

 

前の家の近く

大好きだった豊島屋まで焼き鳥を買いに行くも

まさかのほぼ品切れ。

やげん軟骨と豚しそが食べたかった・・・

 

あとは前日から漬け込んでいたぬか漬けさんたち。

蕪がうまかった。うまいぞ蕪、

君は素直に癖なくぬか床のおいしいところだけを吸い取っているかのようだな。

と、蕪そのものと、自家製ぬか漬けを褒めたたえるのでありました。

(量的にも気分的にもアボカド茎わさびネギトロは不要だった・・・)

(もちろん全部食べ切りましたけど・・・)

(日本酒もうっかり飲み過ぎましたけど・・・・)

 

 

さて、お風呂に入り、もろもろの手続きやら申請書類やらを片付け

来月行く青森のスケジュールを立て

もう1本ジブリを見てねるのである。

 

ちなみに

金曜日はおもひでぽろぽろを2回

土曜日は平成狸合戦ぽんぽこを2回

日曜日は火垂るの墓を2回と、借りぐらしのアリエッティ2回

今日は借りぐらしのアリエッティ2回と、猫の恩返しを見ました。

 

今日あと何見よう。

まあいいか、とりあえず風呂だ。

 

 

明日からまた戦争だ。ふぁいつ。

 

またね。

 




2019.09.17 Tuesday  今日はお風呂に入ってから寝たい

たかだか出勤時間が1時間早くなって

たかだか起床時間が1時間30分早くなって

たかだか同じ業種とはいえやる事が少し変わったというだけで

なぜこんなにも疲労してしまうのか・・・・

まだ火曜日が終わったところという事が

信じられない今日の私です。

 

※※※   ※※※   ※※※

 

ただ今日起こった出来事、その時感じたことを

適当に書いておりますこちらのブログ。

 

そもそも私は何かを伝えたかったのか・・・・

本人さえわかっていないという失態を重ねつつ・・・

 

時々ラーメンだったり新選組だったり新選組だったりに関して

ものすごい勢いで熱弁するときは

第三者に対して伝えたいことに分類されるとは思うのですが

 

ことブログに関しては

音楽のように伝えたい気持ちをもって挑んでおらず

そもそも音楽も伝えたくてやっていた部分が100%でもなかったので

(もちろん曲によっては、伝えたいものがある曲もありましたが

難しいところです。

 

書く人は私、読む人は皆さま。なので

感じることはそのまま感じて頂いてまったく問題ないですし

わたしもそれをまるっとね!

 

こう書いたことにはこう答えてほしい!

という願望があるわけでもないのですが、

ただ、あまりに考えないで書いているせいで

あっなんかズレちゃってる!と

皆様のコメントを読んでから気づき

直そうにも時すでに遅しを重ね続けるということに関し

シンプルに言って、ただの言い訳の類を重ねてしまい

大変失礼いたしました・・・

 

内容は上と少し重複しますが

伝えたいことは、格別ないのですが

読んでくださる人がいる以上

私の言い方の雑さによる語弊のようなものを避けたい気持ちはあるのですが

それは伝えたいという部類に入ると認識しておらず

ただのおのれとの戦いのようなものと認識しておりました・・・

まずそこが私がズレる原因なのか・・・・

 

うーむ。課題。

 

※※※   ※※※   ※※※

 

なあんて言い訳をつらつら書いておりましたら

昔mixiだったかなあ。

控えめに言って、とても長いブログを書いた後で

「何にも書きたいことがない」といった種類の言葉で締めくくったところ

こんなにいっぱいかいてるのに!と、言われたことを思い出しました。

 

個人的には、もはや言いたいことが何もないのに

無理やりつらつら書いたら長くなってしまったよ。

でもこんなどうしようもなく、

くだらない事を書きたかったわけではないし

本当に書くことが何もないから、こんなくだらない事ばかりを書いてしまったんだよ。

という、ちょっとしたジョークのつもりだったのですが

まあ、見ている方にはまったくもって

「こんないっぱい書いてるのに?」

それに尽きるよなあ。なんて。

 

まあ、これもまたどうでもよい話なのですが。

 

※※※   ※※※   ※※※

 

そしてまた、そんなことをつらつら書いておりましたら

冗談を言っても、冗談だと受け取ってもらえず

相手を怒らせてしまうばかりの主人公と

その小説を思い出しました。

 

※※※   ※※※   ※※※

 

先週の金曜日。

 

仕事終わって、バイト終わって、終電なくなって、タクシーで帰宅した高円寺駅。

お巡りさんが「念のため、もう1枚撮りますねー!」と、

スマートフォンを向けているその先には

高円寺らしい若者2人が、

ものすごい笑顔でピースサインを作っていた。

そのうち片方が、私に気づき

少し恥ずかしそうな仕草をしているのを見て

私は慌てて視線を前に向けながら

高円寺のお巡りさんは、いろんな仕事をしているなあ。と

クスっと笑いをこらえられずにいるところを

向かいの花屋さんのシャッターに寄りかかっていたおじさんに見られて

今度は私が少し恥ずかしい気持ちになるのでありました。

 

※※※   ※※※   ※※※

 

帰ってすぐ

もう布団に飛び込み眠りたいと思いながらも

服を着替え、

接骨院に行き

洗濯機を2回回し

風呂に入り、ご飯をたべ

歯を磨いて漫画を読み

ブログまで書いた私になかなか驚きを隠せずにいますが

23時には寝たいところです。

 

そうそう

旅行先で、ご当地ラーメンを買いあさった結果

とんでもない量になってしまい

これからもう朝ごはんはご当地ラーメン一択になりそうなところ

最近納豆とみそ汁と漬物という生活が

胃に嬉しいお年頃の私には

朝からご当地ラーメン一択生活が既に耐えきれず

明日の朝はもはや納豆ご飯みそ汁漬物さえ辛く感じ

梨とか食べたいよ梨。

と思っていたところ、友達からお土産をもらいましたら、そちらも麺でした。

 

 

麺・・・・

 

 

まだまだ麺・・・

 

 

あげくに麺・・・

 

まあ、好きだから良いんですがね。

お土産のソーキそばとかもうぜったいおいしいやつではないか・・・

んああ!私の内臓がもう少し丈夫だったなら・・・・

 

おっと、漫画を読んで寝ます。

今日はお酒も控えました。

えらいぞわたし。

 

パタンキュー

 

またね。

 

 




2019.09.17 Tuesday  新潟に行ってきた

新潟はおおむね平和な道中。

ただ、日本酒を調子に乗って買い過ぎたため

しばらく日本酒一択の生活になりそうです。

 

最後に立ち寄った、埼玉県のサービスエリアで

等身大ウルトラマンに出会いまして

ウルトラマンに卑猥なことをする画像を収めようと挑むも

小さい子から、その親、ヤンキーまでもがその様を眺め

あまりの視聴率の高さと

漂い始めたひそひそ声に、

抱かないでいられるはずもない羞恥心にかられ

大したアクションもとれないまま

写真撮影を終えたことが最大の後悔といったところです。

 

そろそろ新選組サイトを・・

と、思ったはものの

前半戦で行き残してしまった

京都・兵庫・横浜・板橋をクリアしてから取り掛かった方がよさそう。

ということで、今日は部屋の掃除をして終わりました。

 

※※※   ※※※   ※※※

 

先日のブログは私が言葉を抜きすぎて

ちょっとアレな物言いになってしまい、大変失礼いたしました。


なんかすみません・・・・。

 

伝えるという多数の行為のうち

例えば私のこのブログ(レスポンスあり)や

音楽という媒体での伝えるベクトルが種族BとB'として

教科書という一方通行の存在のようなものがA

説法のようなものがA'

親しい人に対して向けるそれがC

顔を見知っていて日常会話という行為が可能な人種に対してD

みたいに、私が分けて考えていたのもあるのですが

※A〜Dは名称であって、ランクではありません

 

教科書的な表現(わかりやすく、ごく一般的な内容)に対して

感じることはさまざまあったとしても

そこはいったん置いておいて

作者がこの文面で言いたかったところを本文より引用しなさい。という具合の

クエスチョンが、イコールにつながりやすい場面でも

こういうことがおこるのだなあ。という衝撃がそこにあったといいますか

 

もちろんそれが、CやD的な会話から感じる事でしたり

BやB'などの表現という上での理解や感じ方に関しては

皆様のコメントにあったような考えに至るのですが

AやA'での出来事となると、個人的に別物と思ってしまっていた故に

ああいう書き方になってしまいまして

 

すみません、出直します。

 

未来の私がこの件に対し

またポッと語りだす日をお許しください・・・

 

※※※   ※※※   ※※※

 

だめです!

睡魔です!

 

でも今日を逃すとまたストレスと疲労で書けなさそうなので

中途半端ではありますが、ここでアップしてしまって

後悔して

このブログは手入れされると思いますが

もう本当にすみません、

こうやって謝ることも自分の可愛さ故なんですがね。

自分が一番自分に甘い。

 

中途半端だなあ・・・・・

自分・・・・

 

って言えちゃうのもまた、自分の易さだなあ。

 

しかしその易さをみなさんは指摘してくれるので

私は本当恵まれているなあ。と

最近常々思います。

 

まともになりたいだけの、大人になれない大人のブログと化していく・・・・

 

 

あ!来週はもしかしたらドラムとスタジオにはいれるかも(かも

なので

近々の楽しみはそれです。

 

かまけないにしないと。です。

 

またね。




2019.09.11 Wednesday  心機一転しまくってしまっている

コンビニエンスストアに行ったら

わかめラーメンのコーン何倍が出ていた。

ラーメンに入っているコーンは嫌いだからきっと買わない。

※そのままのスイートコーン缶とか、とうもろこしは好きさ。

 

山口行ってきました。

タクシーの運転手さんがとてもとても良い人で

運転手さんおすすめのお店で海鮮丼を食べました。

予約してないと入れないかも。と言われ

運転手さんがわざわざ店の中まで確認に行ってくれるという・・・

 

しかも

新湊に近藤さんが来たと言ってもどこかわからんのです。という話をしたら

知り合いの歴史に詳しい人に電話してくださり

(まあ結局どこかはわかりませんでしたが)

昔この国道がまで港だったんだよー。と

わざわざ当時の海岸通りを通って駅まで行ってくれたりと

 

こんないいひといるの?!と思ったけれど

上京して出会い、良い人だなあと思い地元を訊くと

高確率山口県だったことを思い出し

勝手に色々納得するのでありました。

 

しまいには

岩国駅にくっついているコーヒー屋の店員さんまで優しいという始末・・・

しかも駅中コーヒーなんておいしくないんだろうなと思ってごめんなさい

非常においしくて、もうなに、なんなの山口!!と

心の底から癒され過ぎた私。

ミーハー心で立ち寄った厳島神社にて

お目当てのお店は目の前で閉店という悲しみにくれつつも

かつて人気店であったであろう食べログの順位で次候補のお店に立ち寄り

あまりの暑さに一心不乱に飲み干したレモンサワーが

びっくりするほど美味しかったので、そのままお替り。

熱燗2合を注文し

ウーロン茶を注文したのに

「ウーロンハイでいいんですよね?」と言われて差し出されては

違いますと言えない私はもはや謎のちゃんぽんを繰り返し

出発ギリギリまで、船乗り場のトイレでゲロゲロゲロッピーになっていたことは秘密です。

 

やっぱりあれよね。

一人旅で泥酔は怖いよね。

どうやって新幹線までたどり着いたのか

もはや記憶はありませんが

さすが私の帰省本能を褒めたたえた1日でした。

 

そして翌日は

三重県、岐阜県、愛知県、静岡県の予定が

岐阜県で立ち寄った寺で事件発生。

 

近藤さんの首を落とした、横倉さんの墓に行ったわけですが

どうも半年前に子孫が絶えてしまったらしく

最後に残ったおばあさんから、墓じまいを依頼されていたとのことで

ギリギリセーフ。

しかも今まで非公開だった近藤さんを切ったその刀が

ついに岐阜博物館に展示されていると住職さんが言うではありませんか!!!

寺から博物館まで車で1時間半・・・

愛知と静岡をあきらめれば・・・いける・・・!!

と、思いながら

住職さんに御朱印をいただこうとすると

本堂に通され、お話を伺うことに・・・・!!!

 

パソコンやインターネットのしくみ等を理解して使っているかという切り口から

お話をようやくすると

昔の人は自分で解決・完結できる生活をしていたけれど

今は自分で解決・完結することは難しい。といったものだったり

新選組、幕末の武士の在り方から

命を懸けて、今の仕事をしているか。というお話含め

とても分かりやすく

とはいえ

誰も解決にはたどり着けない類のお話で

もっと聞いていたかったはものの

まさかの2時間近いお話に、もはや帰れるのかも謎なお時間。

失礼承知でお話をぶった切り、家路につくことになるのですが

そのお話を聞いた後の帰りの車の中

知人は、今の仕事を命がけでしているかの下りが癪に障ったらしく

「俺、祖父が住職だっから、命がけの仕事とか・・笑」

「つうか俺はパソコンとかネットのしくみしってるんだけど・・」とか

あのお話で言いたかったことは、

そういうことではないことは、

その人もわかっていると思っていたからか

何でそんなところで

あげあしをとるようなことを言ってしまうのだろうなあ。という気持ちと

そこで止まってしまうと、その先の話に進めなくなってしまう感覚と。

なんだか少し、悲しい気持ちになってしまうのでした。

 

それと同時に

こうね、伝える・伝わるということは

こんなにも難しいことなのか。と

音楽や絵というフィールドでぶつかり続けたその壁が

恋人との痴話げんかではあるまいし

説法という、人間のために分かりやすい言葉を選び

教えていただくというフィールドでさえ

こんな簡単に出現するのか・・と思うと

なんだかショッキングに感じてしまうのでありました。

 

そして結局いけなかった岐阜博物館の展示最終日が先週の日曜だったので

愛知と静岡のリベンジ兼ねて行ってきました。

 

刀は正直あまり興味はなかったのですが

それはもう見入ってしまい・・・

一緒に行ったひとみさんから

ねえ、変な感じ(霊的な)する?と訊かれたのですが

横倉さんが、相当丁寧に供養してくれていたからか

そこからはもはや何も嫌なものを感じませんでしたが

 

帰り道

ここやべーなここいやだわ、ここだめだと思う・・・!!という場所で

突然ひとみさんが「怖い話していい?」と言い出したので

いまはやめようね、ほんきでやめようね。といった3分後

カーナビの画面が赤と黒でグシャっとなり

全員が無言になった後、

運転手をしていた知人

「今まで権守のおばけ談信じてなかったけど、今日初めて信じた・・」と言われ

なんだかとっても複雑な気持ちになった直後

 

静岡県・・・高速道路・・・・

た・・・・台風に追いつかれた・・・・!!!

 

もはや豪雨すぎて白線は見えず

対向車線には波が押し寄せ

 

立ち寄ったパーキングエリアでは

30分後に高速道路封鎖のお知らせ

 

い・・・いそぐんだ・・・・!!!と

 

なんだかもわっちゃわっちゃな帰り道でした。。。

 

※※※   ※※※   ※※※

 

さてさて

昨日から新しい職場です。

同じく出版社といえど

ここまで雰囲気が違うのか・・・!!と

驚き桃の木山椒の木です。

 

それよりなにより

生まれて初めての社食にテンションがだだあがりです。

だって高校も、専門学校も、今までの会社も

どこにも食堂なんてなかったんですもの・・・!!!

 

昨日はおでんと、そばと、おひたし。

今日はとんこつラーメンと、魚の揚げびたしを食べましたよ。

明日は日替わり定食か、日替わりパスタか

日替わりラーメンあご塩・・・

な・・・悩む・・・・・

 

※※※   ※※※   ※※※

 

お土産売り場で買ってきた広島焼セットをいつ開封するか・・

なんせ二人分・・・・

 

あ!大食いの綾子をおうちに招こう・・・!!

 

※※※   ※※※   ※※※

 

色々書きたいのですが

借りてるパソコンが扱い辛すぎてもうギブアップ

 

今週末は新潟の新選組跡地に行ってまいります。

 

あと新居探し

とてもとても、え?ということが立て続き

結局キャンセルすることにしました。

 

これは長くなるので次回ということで。

 

 

またね。




2019.08.30 Friday  僕が好きなもの・嫌いな物・ぺぺぺぺぺ

世の中には

格安ツアーというものがありまして

新幹線・広島⇔東京往復で26900円で行けてしまう時代。

しかも飛行機の格安チケットはそれより更にお安かったり・・・

ただまあ出発が朝5時、帰りは24時と、なかなか辛い時間帯ではありますが。

 

さてさて

 

友人の激おすすめもあり

瓦そばは食べてみたかったのですが

場所的に・・・あるのか・・?

瓦そば・・・!

 

そしてすみません

私、たこやき大好きなんですが

お好み焼き・・・苦手で・・・・

でも、もだん焼きはおいしかったから

広島焼きは食べれるだろうか・・・・

 

今回の山口、行く場所は一か所。

岩国駅で降りて、そのまま徒歩30分の先にある、新湊。

 

近藤さんが

新湊で岩国藩役人の西村五郎左衛門に入国を要請するも

岩国藩は取り合わず・・・

塩屋甚左衛門宅を宿舎に与えはしたものの

翌日、会見を拒否され

近藤さんたちはすぐに広島、大阪へと帰る事になったという跡地。

 

どんなにどんなに探しても

塩屋甚左衛門宅跡が見つからず・・・・

とりあえず、

新湊の漁港だけでも行って満足しようというところ。

 

そして山口は入国できなかった事もあり、

他に跡地もなさそうなので

わたしもそれに従い、

港だけ見てすぐ広島にとんぼ返りの予定です。

 

(もったいない・・・・!!!!!)

 

新湊で瓦そばのお店があれば・・・

でも甘い蕎麦って言われると

ちょっとどうなんだろうと思い始め

だったら寿栄広食堂(らーめん)の方が気になるけど、

そのあとすぐ広島でご飯・・・

牡蠣・・・・

 

牡蠣VSらーめんVS瓦そば

牡蠣・・・・

らーめん・・・

牡蠣・・・・

らーめん・・

 

こうご期待です。

 

※※※   ※※※   ※※※

 

私の中で

洋楽、好きなバンドランキングトップ5にランキングし

洋楽で、一番聞いたCDランキングトップ3にランクインする

pavementというバンドがおりまして

 

pavementを好きだという知人はみな

 Terror Twilight というアルバムが一番良い。と

口をそろえて言うというか

誰一人としてこれ以外のアルバムを挙げないので

おめーらほんとはそのアルバムしか聞いたことねーんじゃねーのかよ。とか

皆が良いって言うんだから良いんだろうけど、

みんなが良いと思えるあんぜんぱいなやつなんじゃなかろうかこのやろう。とか

色んな気持ちが生まれてしまい、

フラットな気持ちで聞けないやつになってしまった私。

pavementは1枚目から順番に買っていたこともあり

当時、ちょうど最後のオリジナルアルバムにあたる 

Terror Twilight はその頃聞いたことがなく。

こんなに好きなバンドを、

うがった気持ちを失ったまま聞けないわ・・!!

死んでも Terror Twilight は買わない!!と

思っていたんですが(15年くらい)

昨日うっかり買っちゃって聴きました。

 

いやもう、素直に買っておけばよかった15年前に。

と、思った事はひみつです。

 

※※※   ※※※   ※※※

 

さてさて、今日は今の会社最終日です。

大好きだった蕎麦屋さんに呑みに行く予定。

いつも高円寺でのんだくれてる知人が

飯田橋まで来てくれるっていうんで

二人で最後の飯田橋を楽しむのである。

 

そして昨日、無事次の会社も決まりまして。

次回も同じく出版社なのですが

あれですよ

私、漫画が好きなんで

次は漫画がいいな。なんて思って受けたのですが(単純)

まさかの女性誌です。

女性誌を、うまれてこのかた買ったことが1度もないので

走って雑誌を買いに行きましたが

女性誌ってすごい。

思っていたのと違って読みやすいし

丁度良い情報が丁度良く並んでて

こりゃあ便利だわあ。と驚き。

 

いやあ、生きてると、

本当にいろんな未知と遭遇するものだ。

たのしいたのしい。

 

※※※   ※※※   ※※※

 

ちなみに、

今日は蕎麦屋で呑みに行く。といっていたのに

もはや我慢できず、

ランチにその蕎麦屋でカレー南蛮を食べました。

あの人昼も来たよな・・・と思われたら恥ずかしい。

という気持ちがあり、

凄く凄く悩みましたが

一時の恥で好物を食べ損ねるよりは

恥をかいても、好きな物は食べおさめたい・・!!

というわけで、昼夜同じ店に行くという偉業を成し遂げてみました。

 

夜の締めを寒なめこにするか、鴨つけにするか・・・。

うふ。

最後にもう一度カレー南蛮という技を使うか・・・

 

非常に悩むところです。

うふふふふふ。

 

※※※   ※※※   ※※※

 

そうそう

今年もあわおどりに行ったのですが

 

なんか、年々人が減って行ってる気がするのに

「年々来場者が増え〜」というアナウンスに違和感を感じつつ

たまたまママ友グル―プの隣を確保してしまったゆえに

色々見える不思議・・・

 

警備員の人が、白線を超えて覗き込む子供に

これ以上前に出ると危ないから、と注意されていた親が

子供の頭上と白線を超え、携帯電話で動画を撮りだしたり

 

みんなずっと動画とってて、手拍子も何もせず・・・

こりゃあ踊る方もテンション下がるよな・・・と

思ったり思わなかったり。

 

子供の群れがあることは、見ればわかるのに、

自分の荷物を気にせず割り込み歩く女性がいて

固そうなブランド物の紙袋が、子供の顔に直撃してるのに

親も本人も気づいてなくて

なんかもうカオス・・・・

 

そして

ママ友たちだけビールを、ぐいぐい。

子供たちにはお茶やジュースの1本も誰も渡さず・・・

炎天下ではないにせよ、真夏の暑い時期

子供たちがぐったりしている横で

ママ陣だけビールをぐいぐい・・・

「ママ、もう耳がいたいから帰りたい・・」という子供をなだし、

ビールぐいぐい・・・・

 

なんかもう、すごく不思議な気持ちになるのでありました。。。。

 

なんというか

子供を育てるとう苦労もしたことがなく

日々楽をして生きている私が、

たまたまその一部だけを見て何かを発言する事は

なんだかとても間違っている事な気がして、

あれですし、申し訳ないし、あれなんですけど

でもなんかすごく不思議な光景でした。

 

※※※   ※※※   ※※※

 

では、ちょっと旅に出た後

2日目同行者のひとみちゃんが、わが屋に3日程宿泊するということで

ブログ更新は日があいてしまいそうですが、お許しください・・・

 

またね。

 




<< / 2 / 111 / >>

Profile

Archives

admin