<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


2020.03.31 Tuesday  もうヤクなんてしないなんて言わないよ絶対〜♪

もう少し前の鼻歌ランキング上位は、

白い薬ずっと待ってる一人きりで震えながら〜でした。

全くもって、センス皆無な替え歌・・・・

なのに、ついつい鼻歌・・・・

おれたちゃ人の親にはなれねえな、ケニー・・・

 

※※※   ※※※   ※※※

 

最近数独にハマってしまい

気づくともうずっと数独をしております。

 

寝起きに、トイレに、食事に、移動に、ベットの中で・・・・

 

もうだめだ、テトリスに引き続き、何もできなくなってしまう・・・・

やはりゲームの類と漫画は私手を出さない方がいいと思うの・・・・

 

※※※   ※※※   ※※※

 

天気を読み違えた私は

一足先に出したクリーニングを引き取るついで

出し忘れたワンピースを持って

前まで住んでいた家の近くのクリーニング屋にいく。

 

おじいちゃんと、おばあちゃんがやっている

小さなクリーニング屋。

 

引っ越しても

ここが一番安くて、ついついきちゃう。というと

 

「こんな不便な場所にあるから、安くしないとダメなんだよ!」と、おじいちゃんが言っていた。

 

前回。

古着で買ったリーヴァイスのフライングジャケットを出そうとしたら

「やめなやめなやめな!これ、うちでやっても7000円するからやめたほうがいいよ!!」と言われ

もうなんでこのおじいちゃんは、こんなに商売っ気がないんだろう。と、

おもわず笑ってしまった。

 

(どれほど商売っ気がないかというと

某クリーニング屋で浴衣、帯込みで1万円するところ

こちらは帯込みで2千円以下という不思議。)

 

渡したスカートの柄を見て「変った柄だなあ」を連呼するおじいちゃん。

気に入って買ったものの、手洗いさえ戦慄を覚えるシャツを見て

「これ!たしかに可愛いよ?可愛いけど、うちでもダメにしないで洗える自信ないよ!

なんでこんなの買っちゃったの・・・!」と、

買う時に悩んでいた私の心の声と同じことを呟くおじいちゃん。

追加で持って行ったワンピースを見て

「こんなのどこで買うの?!

こんな変わってるの、売ってたら!買っちゃうけど!

なんでいつも難しい服ばっかり持ってくるの!?」

と、絶叫するおじいちゃん。

 

わたしはこのクリーニングに来るたび癒されますが

会えるのは、コートの時期と、浴衣の季節。

あとは、家で洗えないような謎な服を買ってしまった時だけなので

ちょっと寂しいような

でも毎日あったら、癒されなくなりそうだから

これくらいでいいんだろうなあ。

 

うまくできてる。

 

クリーニングを出したついでに、以前の通勤路を通り

お気に入りの焼き鳥を買う。

たまには贅沢。

夕方の商店街が一番好きだなあ。

 

※※※   ※※※   ※※※

 

2010年のmac book proを使っていたので

中古で同じパソコンを買ったつもりが

それよりさらに古いver.でした。

 

ガレージバンドさえ入っていないのか・・・

画面も旧式や・・・・

2010年という1年の間に革命が起きていたようだ・・・・

 

ドントマインド、権守です。

 

まあいいのです、

どうせ2010年のパソコンで曲などつくろうものなら

もはや文字も打てなくなるかもしれないと思い

とりあえずブログ更新と、iTunesデータの救出。

新撰組サイトを作るためだけに買ったようなものですもの。

 

 

しかし

 

旧マックちゃんの限界値を超えた作業は難航し

2日たった今も、iTunesのデータを救出できません。

引越しの際思い切りよく捨てたCDの中に

まさか自分のやつ(元データ)まで入ってたことは秘密だよ⭐

 

まあ、過去の自分にとらわれず

新曲で勝負しなさいというお触れだこれはきっとそうだ絶対。

 

※※※    ※※※   ※※※

 

ころにゃんがもういをふるっております

にゃーにゃーにゃー

 

巨大化した猫のようなものが、

東京の空を覆う様にのびをしている前方下のアングル

すっぽりヘルメットをかぶった女性アナウンサーが

「ころにゃんが もういをふるっております!!!」と、さけぶ後ろ

巨大化した猫のようなもの、即ち、ころにゃんが

「にゃーにゃーにゃー」と、喚き、その鋭いつめでそらを切る

というシーンを

コロナのニュースを見るたび、何度も何度も想像していたものの、

もはや、この、どこに笑いの重きを置いたのかもわからない冗談は、

おくびにも出せないことなっております。

 

しかし!!

高円寺は日本のスラムの名を貫くかの様に

マスクをする人は、よその街よりあきらかに少なく

私の住む商店街に至っては

目の前のカフェも、斜め前の居酒屋も、寿司屋も何も

ただいま21時半

元気に営業しております。

 

ちなみに2、3日前、

立ち食い寿司屋がオープンしました。

オープン記念の格安まぐろにより、店内は満員です。

 

そんなこんなで昨日

うっかりかったビスケットが大変おいしかったので

よし、売り切れる前に買ってこよう。と、出向いた

スーパー横のスナックからは

ギザギザハートの子守唄を熱唱するおじいさまのお声が聞こえました。

 

部屋にこもり、データ移行にあくせくしている最中にも

酔っ払いの叫び声が聞こえます。

 

しかしそんなスラム高円寺も

マスクにトイレットペーパーに米にカップラーメンはいち早くなくなりましてね・・・

いつも流行なんてガン無視のくせに、そう言うところ早いんです・・・・

しかし

私は日頃の行いが良いのでそこはモーマンタイです。

 

‐錣吠痛なので、トイレットペーパーは切らさない私。

トイレットペーパー不足になる前

いつもの調子でポチっとな〜!

楽天市場で送料無料8パックを購入しますが

業者のミスで16パック届きます。

 

えええ〜!!!!と、思い

購入店に問い合わせようとするも

 

「店舗改装中のため、お問い合わせできません」とのこと。

 

ええええ〜!!!!

 

と、思っていると

翌日には世間はトイレットペーパー不足により、

コンビニエンスストアのブツが盗まれ、

コンビニのトイレが使用禁止になる有様。

 

たまたまタイミング的にそうなってしまっただけなのに、

なぜかとっても悪いことをしている気持ちになるわたくし。

 

必死に購入店とコンタクトがとれるものを探し出し

 

「1箱注文したのに、2箱届きました・・・返却したいのですが・・・と、いうと

「こちらのミスですし、送料の方が高くなるのでそちらで使ってください」

 

結果

 

世がトイレットペーパー危機の時に、

ひとり、

16パック×8ロールに囲まれ生活することになった私の部屋は

どこにいても鋭くかおるトイレットペーパー臭・・・・

トイレットペーパーって、

1個だからほのかに香ってるだけなんだな・・・ということを知りました。

 

ただ

このご時世にこんなことになっていることが

何だかもうものすごく悪いことをしている気がしてたまらないし

欲しい人にあげたいけれど、ネットにそんなことを書いたら

買い占めした人に思われそうで怖い・・・ということで

友達と家族にばんばんプレゼントした結果、

通常の8パックにおちつきましたが

なんとかプレゼントし終わる頃、

薬局にトイレットペーパーが戻り始め

なんとも言えない気持ちになるのでありました。

 

△發呂笋世い燭た暇卦ぬなわたくしに欠かせないアイテムそれはマスク。

その下はだいたいすっぴん。

ということで、マスクもひとより余裕をもって持っていたのですが

それさえなくなりかける頃、高円寺の薬局にマスクが入荷するらしい張り紙を発見。

 

ネットの情報などに目を通すと、

どうやら高円寺のマスク販売は、朝5時半に勝敗が決まるらしいということで

朝5時に薬局へ向かう私。

もちろんいるのは私だけ。

 

「はやすぎたか・・・・!!!!」

 

ということで、近所の知人を叩き起こし、

マスク並びに付き合わせます。

 

6時頃、徐々に人が集まり始め

どこの薬局は6時50分に整理券配布で、

ここの薬局は8時に整理券配布だの

だいたいこういうルートで中国人がマスクを連続買いしてるだの

高円寺のマスク事情に詳しいおじさんとおばさんに、

いろいろ教えてもらうわたくし。

 

もちろん行列の先頭もわたくしです。

 

道ゆく人にSNSにあげられるであろう写真を撮られながら

寒さに震えつつ待つこと3時間

待望の薬局のおばちゃん登場。

 

整理券をもらう際「何時から並んでたんですか?」と訊かれ

そうか、これが先頭の役目なのか。と、思い

胸をはって「5時からです」と答えました。

 

整理券をもらえなかった20人ぐらいがそろそろ別の薬局へ向かう姿に

小学生の頃の、あの、自分だけ手にしてしまった時の申し訳なさを覚えつつ

 

高円寺のマスク事情を語り合っていた

行列最前線グループのおじちゃん、おばちゃんズは

もはや部活のチームメイトのようで

みんな笑顔で「おつかれさまでした!」と、言い合い解散しましたが

その後その方々と高円寺ですれ違うことはありません。

 

そして私は思ったのです。

極寒のマスク行列を体感してみて思ったのです。

 

ネット転売で騒がれていたマスク

だいたい送料込みで一箱5000円前後が多かったように思うのですが

 

3時間並ぶ→時給1000円として、3000円プラス早朝手数料。

送料→700円

マスク本体→700円〜1000円

 

業者があきらかな値上げしてたりするのはいかがなものかと思うのですが

個人の方が、並んでゲットしたマスクを転売されているのであれば

それは決して高いものではないと・・・・・

 

わたしはそもそも米を食わない。

 

た契饒叛彙呂瓩阿蠅杷磴ぢ海韻燭甘地麺類(もったいなくて食べれない)が

ストック30個あるので、もはや今すぐ困ることはない。

 

そして最近私、干し野菜をはじめまして。

カリッカリにすれば3ヶ月〜半年はもつといいますし

これで豚汁を作るとめっちゃうまいと聞きますし

水から茹でれば、

出汁までとれちゃうとか言うじゃあないですかあ

まだ食べてませんけどね

たのしみです。非常に。

でもわたし、干し椎茸と生椎茸だったら、生椎茸の方が断然好きなんですが
口に合わなかったらどうしよう・・・

そんなことを

まいたけ、しめじ、しいたけ、にんじん、大根を干している昨日に思ったことはひみつです。

 

そしてそして

実家にいる母親から

姉の結婚も決まったし、東京やばそうだし、あさみ帰っておいでよ〜

なんて言われましたが

そもそも私がすでに

満員電車やスラム高円寺で、ころにゃんにおかされていた場合を考えると

年老いた両親の元にやすやす帰りたいとも思わないし

そもそも

そもそも

仕事が・・・・・・

仕事がだな・・・・

 

「このご時世に出勤させる会社はやばいって友達が言ってた〜」

「ライバル会社は今日から自宅待機になったってよ!」

 

なんてざわつく中、

我が社も増えました在宅勤務。ですが

なぜか普通に出勤している私です。

 

東京の満員電車は本当に満員で

満員すぎて乗れないということもあるくらい満員なのですが

朝のラッシュ時間に

ある程度余裕のある車内や

職場のフロア、

編集部ということもあり、もともと午後から、まばらに人がくる程度なのですが

それでも1日を通して4人もいなかったりする日が続くと

なんだか少し、世紀末感があります。

 

そして

コロナのおかげでついに発覚した私の仕事量の多さ・・!

(各部署に、私と同じ仕事をしている人がいるのですが

私だけ仕事量でいうと6日分くらい仕事を多くもらっていた)

 

4日分ほど、他の人がもらってくれることになりました。

ありがとうコロナ・・・

 

といっても、ナイスフォローを裏でしてくれた人のおかげで

仕事を手放すことができたんですけどね・・・

入社初日から色々あったもので

性格が良くないと思う人が多い職場だな・・・と、思っていましたが

中にはとても優しい人もいて

バランス取れてる・・・・と、思う今日この頃です。

 

そんな感じで、昼の仕事は大丈夫そうだけど、

掛け持ちバイトの方がなくなりそうな気がする今日このごろ。

 

みなさまのお住まいの地方は大丈夫でしょうか。

(普通そう言うのはブログの最初に書くものですよ、ごんもりさん)

すみません・・・・。

 

みなさんもどうせ不摂生していると私はコメントから見受けているので

長年の不摂生がたたり・・・・なんて・・・

本当、気をつけていただきたい・・・・。

 

私は相変わらずの下血に、最近喉もいたいし鼻水も出るし・・・

自分の乗っている飛行機は絶対に落ちないと思えないし、

どちらかというと落ちると思っている私は

花粉症だよ〜と、言いつつも

めっちゃ不安になってしまったりもします。

 

それにしても

10年前のマックでも、タイピングがノンストレス〜

明日は、内見のお話をしようと思います。

 

またね。




2020.02.17 Monday  人生で2度、同じ人に恋をする。

 

AIに採点してもらうカラオケをしに

知人と昼からカラオケボックスにこもった私。

 

そこで知人がふと

スピッツの優しいあの子を歌ったわけですが

そこで流れたのはまさかの本人映像。

 

そこに映った草野マサムネ氏の服装・・・・

色合い、サイズ感

そして髪型・・・

何より、雰囲気おされくたびれ感ではなく

ガチでくたびれて見えるあの感じ・・・

 

え、なに、好き・・・・・!!!!

 

え、どうしよう。ものすごく好みです・・!!!

 

という事で

小学生のころ、恋に落ちた草野マサムネ氏に

34歳にして2度目の恋に落ちた私です。

 

そんなこんなで帰り際

知人にもう一度、優しいあの子を歌わせ

微動だにせず、その画面を見つめるのでありました。

 

※※※   ※※※   ※※※

 

こと漫画に対してだけは

この私の否定的な性格があまり発動せず

だいたいなんでも物理的に読める限りは読むのですが

あひるの空だけは、3巻くらいで脱落した記憶があります。

友達の家に全巻あるという好待遇にも関わらず

あ、なんか読めない・・・・と、あきらめました。

再チャレンジしたらいけるんだろうか・・・・

(ごくまれに気分的に読めず、後日改めると読めたりする)

 

コロナんの影響で

来月あたりから

野菜と加工食品の値段がぐうんとあがり・・・

なんて実はかわいいもので

最悪オリンピックの開催地から外され・・・

ホテルにはじまりなんやかんやと

日本の経済どうなっちゃうの的なことを想像すると

もう日常生活がミクロンになってしまうので

とりあえず、部屋の掃除とお弁当のおかずづくりに集中しました日曜日。

 

根菜は中国と日本産でおおよそ40円くらいの差なんだよなあ・・・・

 

おっと、弁当づくりが終わったら、

手作りマスクでも作って、歌詞でも書こうと思っていたのに

気づいたらカップラーメンを食べておりました。

 

どういうこと?

 

まあいいか・・・・

 

※※※   ※※※   ※※※

 

専門学校の、仲の良かった友達から

彼女と別れたと連絡があった。

2か月くらい前に、同棲をはじめるという報告を受けたばかりだったので

何事なのかと問い詰めたところ

元々あわないなあ。とは思っていたけど

一緒に住んだら、もっと合わない事に気づいた!とのことで

なんだかすごい話だなあ。と思いながらも

自分がもしそうなったら・・・と、想像したら

なんだかもう、ものすごく大変そうで

想像だけで疲れ果ててしまい

気の利いた事のひとつも言えないのでありました。

 

とりあえず来週の今日は久々の内視鏡なので

身体にいいもの食べて過ごそうと思うのであります。

 

 

最近はアップダウンなく、良い感じです。

 

 

またね。




2020.02.16 Sunday  なんだかもうすっかり春みたいだから

いつかのブログにも書いたけれど

週末から週明けにかけての高円寺には

本当に色々なものが落ちている。

 

昔読んだ小説に

台風の去った朝の海には

本当に色々なものが落ちていると書いてあった。

 

ただ、残念ながら

台風の去った朝の海に落ちていそうな

美しい物語の一節になりそうなものは

高円寺には落ちていない。

 

今日家を出て一歩目でみつけたものは

ブラジャーのパッド(片方)(しかも結構厚い)だったしね。

 

そういうものです。

 

そんな風にして

夜の高円寺の街を、すこしふらふらする。

 

正確に言うと、赤いマールボロがからっぽになったから家を出て

そういえばビッグコミック読んでないな。と

コンビニエンスストアに入るも置いていなくて

隣のコンビニエンスストアに行くもそこにもなくて

高円寺のコンビニエンスストアの中で、

一番雑誌の入荷種の多いコンビニエンスストアまで歩く。

 

ブルージャイアントの4巻で

主人公が上京してすぐのころ

となりのお客さんのチャーシューラーメンを羨みながら

ラーメン屋で一番安いラーメンを頼み

東京には凄い数のお店があるが、

自分はどこにも入れない。というくだりがあるのですが

私は上京して数年、そんな事を思うことはなく

普通に3玉100円のうどんか、19円のもやし

5袋入りの即席ラーメンを、なんの不思議も感じずに食べつづけていたけれど

この歳になって、

はじめてそのことに思い当たるようになりました。

 

若いころはまわりも楽しく愉快な貧乏人しかいなかったし

今ほど食に興味もなかったし。

 

これが本当の意味でのハングリー精神が足りなかった結果ということか・・・

(違います)

 

あの頃は音楽貧乏でしたが

今は新選組貧乏な私。

しかも新選組跡地ツアーは

車の免許を持つ友達が同伴してくれないといけませんので

そうすると、車の免許を持つ友達の財力に合わせなければならないのですが

(よくわからない趣味に付き合っていただいているので

昼ごはんなんかは友達のリクエストにこたえるべきと思っている)

そうすると、出ますよね、財力の差が・・・・笑

 

おかげで今も、

昼ご飯は、早い多い安い!を目標としたお弁当をつくり

人から呼ばれない限り

夜ごはんは3玉100円のうどんとかカップラーメンを食べていますし

もはや禁煙をしなければならんのではないか。

これが最後の煙草だ!と言いながら追加で買い続けること2箱目の今日。

煙草を買ったコンビニで、ブラックコーヒーが当たりまして

今ブラックコーヒーはいかん。と思い

牛乳を買って帰ろうと思うも

コンビニエンスストアの牛乳は高いからスーパーマーケットへ行こう。と思い

スーパーマーケットに行くと、高い牛乳しか残っておらず

こういう場合も、ただより高いもはない。ということわざは当てはまるのだろうか。

でもこれはそれと違うよな。と

どうでもいいことを考えながら

なんかわたしって、いつまでたっても貧乏だよな。と思いつつ

いやでも貧しいわけではないのか。いや、そこらへんの同い年と比べたら貧しいけど。

そういうことではなくて。

 

そうだよなあ

 

昔は何を言われても

何を思われても

これとしたものが自分を支えてくれていたけれど

そうだよなあ

何にも頑張ってないんだもんな、

何にも、頑張ってないんだよな、本当に。と、ぶつぶつ独り言を言いながら

酔っ払いにぶつかられ

からまれ

なんか今日は春みたいだなって思ったけど、

沈丁花のにおいもしないし

もっとたくさん歩ける気がしたけど

家に帰ろう。

 

そう、家に帰ろう。と、家路を急ぐのでありました。

 

でも今日みたいな春の夜によく似た日は

君の事を思い出したりするよ。

これっぽっちも会いたいと思ったりはしないし

懐かしむような気持もないのだけれど

なんでか思い出して、悪くない気持ちになるから

きっと悪いことではないんだろうな。

 

立ち止まるほど年を取っていないから、

今はまだ進まなきゃいけないと言い聞かせてきたけれど

そろそろ、立ち止まらなきゃいけない時が来たんじゃないの?って

そんなこと、ふと思った。

 

※※※   ※※※   ※※※

 

会いたくないやつらに会う誘いを受け

誘ってきたやつにも会いたくないという具合だったので

(しかも平日の23時スタート)

欠席のお返事をしようとしたところ

「まあまあ大人になれよ」的な感じが返ってきたので

いや、大人になったから断ったんだよ!よ、思う私です。

昔は見聞を自分で狭めてはいけない。と

快く思わない相手も断らず会ってきたものですが

仕事以外のそう、プライベートな場面で

もう会いたくないやつに会って無駄な時間とお金と精神を使いたくない・・。と思うようになり

NOと言えない日本人代表の私がNOということの難しさを踏まえ

お断りをするということ

それはつまり大人になったことを意味すると思っていたのですが

世の中はどうもその逆らしい。

なるほど、そうすると色々合点がいくな。

 

ふむ。

 

※※※   ※※※   ※※※

 

元同居人に、一番聞いてはいけない質問をしてみた。

 

それは

「ねえ、私っていつになったら彼氏できるの?」

である。

 

元同居人はものすごく言葉を選び

 

「いや、権守は作ろうと思えばすぐできるだろ」

「一人で飲みにでも行けばいいんじゃねえの」

 

と、一番ありきたりなカードを出してきた。

 

ここで私に用意できるカードは以下

・なにか、私は心から作ろうと思っていないということか?

・作ろうと思っても一向にできないから聞いているんだ・・!!

・一人で飲み屋行くの嫌い

・そもそも一人で飲みに行って声をかけてくるのはアル中のおじいちゃんだけだ・・!

・そもそも最近酒飲めない

・以下略

 

結論

久しぶりにした大掃除でいつのかわからない飲みかけの赤ワインが出てきたので飲もう。

でした。

 

そして飲み始めるとあら不思議

おお〜すべてがどうでもいいぞ!

だいたいのことにたいして、おおらかになれそうだ!

そうだ!だからわたしはアル中のようなものになりかけていたのだ・・・!!

そうだった!忘れてた!!

やっぱりお酒って偉大だな〜!!

 

が、やはり最近お酒が飲めないので

2杯程度で具合が悪くなるのでありました。

 

ちくしょう、酒という現実逃避を失った今

私は素手で戦う選択肢しか残っていないのか・・・

やりきれない思いでいっぱいです。

 

※※※   ※※※   ※※※

 

久しぶりに絵を描こうとしたら

絵具がすべて固まっていた。

 

久しぶりにギターを弾こうとしたら

弦が綺麗に取り払われていた。

 

掛け持ち先のバイトが臨時休業になったので

とてもとてもとても久しぶりに

丸一日何もないというのに

これというタイミングで何もできないところが

中々どうして自分らしい。

 

そういえばアレ、アニメ化したらしいよ。

見よう見よう。

タイトルが思い出せないよ・・・・

 

※※※   ※※※   ※※※

 

今さらですが

私はビブラートができないので

地味にビブラートの練習をしています。

 

でもできません。

 

なんで?

 

※※※   ※※※   ※※※

 

優しくなれなかったことも

思いやりを失ったことも

そういう小さなことの積み重ねと思われる小さな積み重ねが

悪い物の蓄積でしかなかったことも

それが今日までの自分の評価になるなんてこと

いつかの自分は知っていても

あの日の自分は

それを回せる余裕がなかったのかもしれないよって

そういう言い方もまた、真実なのかもしれないけれど

 

なんか蕁麻疹出てきたから寝よう。

 

おやすみなさい、またね。

 




2020.01.24 Friday  自分が今いる場所にはいずれ訪れる未来において、いくら戻ろうと尽力しても、二度と戻れないということを、大半の時間思い出すこともなく生きているくせに、「そんな当たり前の事、だれでも知ってるよ」という顔をしている。

朝起きると、カーテンの隙間から

古ぼけたコンクリートにオレンジがしみこみ

そのうしろに、冬らしいぼんやりとした浅葱色の空が控えている様が見える。

私は、この部屋で過ごす中で、この時間の景色が一番気に入っている。

 

駅前の花屋に、アカシアの花が並ぶ。

アカシアの花は、ステルンクーゲル、

ポポラスに続く、私の好きな植物のひとつ。

とはいえ

なんだ、そうか、

春はもっとさきの事だと思っているんだが。

 

最近は体中が痛くて

もはや本当に悪いのは大腸だけで済んでいるものか。と

疑問になりつつ

もうウーロン茶は飲めなくなってしまったので、

それをうんと薄く水で割ったものを飲んでいるような状態でも

仕事は仕事でしんどいばかりで、どうしてくれよう。

そう思う私を支えるのは

朝のそんな些細な景色と

ゆたんぽに、なめこの味噌汁、

リポビタンDに赤いマールボロと漫画本。

 

最近の通勤電車のおともは

スピッツがカバーした14番目の月と

地元で学生をしてた頃に聞いていたCDたち。

ろくすっぽ聞いたこともないくせに

荒井由実と松任谷由実だったら、荒井由実だろ。と語りだしていた誰それを思い出しながら

なんかもう、人間って本当に大変だな。と

仰々しい面持ちとやらをしてみるけど、あんまり長続きしない。

 

毎日が土曜日だったらいいのにね。

あ、そういうことですよね、14番目の月。

(違います)

 

今日は久しぶりに残業しなかったので

もう速攻で家に帰ってごはんたべてお風呂に入って寝るつもりが

なんかごはんたべてぼんやりしただけで0時になりました。

 

今日もどこかで時空がゆがんでおります。

 

もう本当に、この短文を書くだけに、どれだけの時間がかかろうか・・・

早くパソコン欲しい・・・・。

 

燃えよ剣のリメイク版5月22日公開のトレーラーを見て

恐怖に震える私ですが

それでも楽しみなものは楽しみです。

もはや絶望する用意はできていますが

それでも楽しみなものは楽しみです。

 

きっともっと、ちいさくてよい。

きっともっと、しっそでよい。

身に余るものすべてが、贅沢であると思えるほど

良いあまし方をしていない。

あまるところにありあまっているそのわり

ひとにやさしくする余裕はどこにも持ち合わせていないのだそうで

それを生き方のバランスの悪さと揶揄する人に唾を吐きながら

昨日わらっていたひとが今日いなければ、そのひとの陰口ひそひそしてて

だあれのことも信じてないのに

肝心な時には孤独をひっぱりだして泣いてみるっていうんだもの

まるで満員電車ですよ。

食事の仕方でも、服の選び方でも、話し方でもなくて

満員電車の乗り方って大切だと思う。

凝縮されておる。物理的にも心理的にも人間しかおらん。

だから疲れてしまうのか。

そういうことだったのか・・・・

これも当たり前の事に気づけない私の愚かさというやつなのか・・・

末恐ろしいです。

 

くだらないから寝よう。

 

 

またね。

 

 

 

 

 

 




2020.01.14 Tuesday  すれ違う人の横顔や、通り越していくその背中を、何度も何度も見送っているはずなのに、私の中のなにもが、過ぎ去ってはいかないような気がする、思い込みが強くなる日だってある。

ブログ放置失礼いたしました。

 

転職先が、なぜかもうそれはとてつもなく忙しく。

12月は「あと4時間で労基にひっかかるから・・・

色々うまくやってください」なんて言われた始末です。

 

なかなか血便が復活しまして

最近ではもはや血だけでるし、粘膜でるしで

そろそろ駄目な気がしております。

 

そう、ぶろぐ、ぶろぐなんですが

母親から更新の催促がきまして

 

そもそも

遠く離れた娘の生活が気になってブログを見てしまうという気持ちはわかるにしても

そもそも、私たち親子は、ときどきみうける、

母と娘が親友のように仲の良い家庭だったわけでもなく。

そもそも勘当もされましたし、わだかまりが解けたのも、学生も終わるころでしたし

そんな関係性の親が、こうやってブログを閲覧しているのは、

なんかちょっと色々違う気がするし。

コメントくださる方にもなんだか変な気を遣わせてしまうし

とはいえ、そもそも

そもそも論てきに

こうやって公共の場で本名で活動している私が悪いわけで。

 

私は、身内や、親しい人にたいして見栄っぱりなので

こう、なよなよした内容を見てほしくないわけですよ。

じゃあ、ここでも外域かつ見栄っぱりな私で押し通せよといわれますと

それはもうなぜ長年続けてきたこのブログが

なんだかまったく私にとって意味のないものになってしまうので

もはや書かないという選択肢もあるのではないか。というか

 

まあ、母親にブログをみないでくれ説得をした後で

それは母ちゃんに酷いはなしだよな。

もろもろ私がいけないわけだし

そもそもの、わたしが書かねばよいのだ。と思い

ふんぎったつもりでいましたが

これまた数年ぶりにログインしたツイッターに届いておりました

とあるメッセージを読みまして

なんかもう、今更なにをどうやっても、全員に対して無責任なのだから

自分のしたいようにするしかない。ということで

とりあえず、新選組跡地サイトが完成するまでは

ごんもりあさみの名前でもうちょっと頑張って書こうと思った今日このごろです。

 

そんな言い訳を、ここの皆様に伝えていなかった事を思い出すも

パソコンが全滅しており、もはや何もできないわたくし・・・・

 

再起動50回目のこのブログはアップできるでしょうか・・・・

 

 

※※※   ※※※   ※※※

 

私の34年間の人生において

それなりに思い入れのある知人が自殺したという話を聞いた。

わたしは、あまりに音楽から遠ざかっているので

音楽をしていたころの、

かつて日常だった人たちの

そういう報せを持ってきてくれるのは

数か月に一度会う、友人だけで

そうするとかなり現実との時差があって

だけども気持ちに時差がない分、

気持ちがどこにも行けない具合で

部屋の中にとどまってしまうことが多い。

 

去年は3人かあ。なんてぼそっと言った友人のように

割と人の死には慣れてきていたつもりでも

思い入れという気持ちの匙加減で

こんなにも自分にとっての死の種類は変わるものなのだな。と

いのちのおもさはかわらないはずなのに

わたしはこうやって誰かをひいきしながら生きていくのだと思うと

ほんの少しだけ安心した。

 

まだまだまだ

ある日突然世界平和を歌い出すような人間にはならないですむぞ。

と。

 

ね。

 

 

※※※   ※※※   ※※※

 

結構、割と、色々なことがあって

その都度、ブログに書こうと思い

言葉に変えた出来事がたくさんあったのに

いざ書こうと思うと

すっぽりどこかに置いてきてしまったようで

 

明日も残業終電コースになりそうだから

とりあえず一刻も早く寝た方がいいんじゃないの。と

そんな心配しかできない私です。

 

パソコン貯金と新選組函館ツアー貯金が達成しましたら

もう少し、色々、色々ね。

 

すみません。

こんなんで。

 

 

久しぶりに実家に帰ったら

菅原さんは私のことをすっかり忘れたようで

まったくなつかれずに終り

稲田さんだけは相変わらずでした。

 

私は私が想像していたよりずっと、

そして想像できていた種類の孤独とはまったく別物の

孤独な人間になっていくんだな。と

そんな風にしか思えない今日この頃ですが

まあ、人生で正解を選択できた事なぞ、そもそもないではないか。と

 

今目の前にあるものを片付けては休んで、片付けては休んで

ただ、部屋の模様替えをしているだけのような気がするときもありますが

 

みなさんの1年が実りあるものになるといいなあ、と

私もがんばろう。そろそろ。

って、ずっと言ってるな。

 

何も頑張っていないわけではないけれど

ものすごく頑張っているわけではないので

ものすごく頑張りたいそろそろ。

 

でも頑張る前に、ねよう。

 

おやすみなさい、

またね。

 

 

 




2019.09.23 Monday  隣は芝生を青く見せようとしているだけの話で

それは街路樹の葉の裏側だったり

公園のごみ箱の空き缶と空き缶の間だったり

街の至るところに、こびりついていた夏を

はたき、履き出していくような強い風と

それらにあらがうことなく

だけどあまりにたくさんの数が隠れていたせいで

暑さが、埃を立てるように、はじける。

久しぶりに部屋中の窓を開けてベットに寝転んでいると

そんな風が、部屋中の花瓶や小物をなぎ倒し

むわりと立つ暑さが、うなじをじわりと濡らすので

夕方一番のお風呂めがけて、掃除とブログを書き始めた月曜日です。

 

昔も、こういう風を身体にうけたことがあったな。

あれはまだ私が20代のころで

仕事や、いろんなことにつかれてしまっていて

それを見かねた知り合いが、

レンタカーを借りて、山の上のはらっぱまで連れて行ってくれた時だ。

広げたお弁当を空にして

寝転がった少し硬くなった芝生の上で

そうそう、一言でいうと

風が吹きすさんでいた。

ただ、それだけの事なのだけど

あんなに何も考えずにぼうっとできたのは久しぶりのことで

そうそう、その時だったよ

久しぶりに、記憶しりとりをしようとして

はじめて、記憶しりとりができなかった。

 

こころに、なにも置かない人だって、いるのだ。

いたのだ。

そんなことを、ぼんやり思った。ことを

思い出した。

忘れてたな

そうだな。

そういう人がいることを、思い出したら

今自分が不思議に思う些細な事に対して

なんだか少し、気持ちが楽になった気がした。

 

※※※   ※※※   ※※※

 

私がまだ実家にいたころ

姉は、耳をすませばが大好きで

それはもう私にとってのマクロスまでとはいきませんが

家族があきれるほどには、それを見直していて

あの頃の私は、姉の好きなものが、なんとなく苦手で

そういえば、、ちゃんと見たことない気がする。と思い

思い立ったので見てみたところ

記憶にある姉のおおよそがそこにありました。

そしてそれは、もちろん姉が後者で

耳をすませば。は、姉のあこがれていた青春の何かだったのだろうと思った。

 

わたしはついぞ20代半ばまでは

ろくに見てもいないくせに、

意味もなくジブリがあまり好きではなくて

アニメの王様みたいな印象も手伝い

ほとんど見たことがなく

ナウシカの漫画を読むことはあっても

魔女の宅急便を好きになってからも

今日までろくに他の作品を見たことがなく

そのことを思い出して

先々週くらいから

ずっとジブリ映画を見ている。

 

高校生のころ

とてもやさしい先輩がいた。

学校は違ったけれど

夏の夏期講習で知り合った2つ上の先輩。

 

先輩の家に遊びに行くと

いつもお母さんが、とんでもないごちそうを作ってくれた。

時々家族の誰かが部屋をのぞきに来ては

優しい言葉をかけていった。

うまくは言えないのですが

あの家には

当時のわたしが想像しうる、

幸せな家族そのものがそこにあった。

 

そしてその先輩のまわりにいる友達も

あの頃の私とは不釣り合いに

こころが優しい人たちが多かった。

 

こういう、こころがきれいなひとって、いるんだなあ。と思った。

でも、そのきれいさが、少し怖くて

その先輩が大好きだというジブリ映画が

どうしても怖くて見れなかった。

 

そうそう、

そうだ

それも手伝い

余計に見てこなかったのだ。という事を

このブログを書いていたら思い出して

なんだか少し、おかしな気持ちになった。

 

夏期講習が終わったあとも

勉強をしたり、絵をかいたり、

MDを交換したりしながら、月に1度ほど、先輩と遊んだけれど

先輩が東京の美大に受かってからは、疎遠になってしまった。

もちろん先輩は、色々と気にかけてくれてはいたものの

超絶外界シャットオフ時代に突入したあの頃

のきなみ疎遠にしてしまった人の中に、その先輩もいた。

と、言った方が正しいかもしれない。

 

私は本当に昔から、

思い込みだけで生きているようなところがあったから

そういう、ところだよ、そういうところ。

と、一人で納得して

そりゃあ笑いたくもなりますよ。

 

悲しいくらい、本当に全部が全部、

選んで選ばれここにいるのだと思うと

当然の結果しかない具合が

本当に笑いたくなってしまって

とても、とても良い。

 

※※※   ※※※   ※※※

 

新潟でどうしても、うんげっちゅしたかった

麒麟山という日本酒。

目的地が上越方面だったため手に入らず・・・が

知人が、阿佐ヶ谷で見つけた!!ということで

わざわざ買って持ってきてくれたので

今日はひとり酒盛り。

 

前の家の近く

大好きだった豊島屋まで焼き鳥を買いに行くも

まさかのほぼ品切れ。

やげん軟骨と豚しそが食べたかった・・・

 

あとは前日から漬け込んでいたぬか漬けさんたち。

蕪がうまかった。うまいぞ蕪、

君は素直に癖なくぬか床のおいしいところだけを吸い取っているかのようだな。

と、蕪そのものと、自家製ぬか漬けを褒めたたえるのでありました。

(量的にも気分的にもアボカド茎わさびネギトロは不要だった・・・)

(もちろん全部食べ切りましたけど・・・)

(日本酒もうっかり飲み過ぎましたけど・・・・)

 

 

さて、お風呂に入り、もろもろの手続きやら申請書類やらを片付け

来月行く青森のスケジュールを立て

もう1本ジブリを見てねるのである。

 

ちなみに

金曜日はおもひでぽろぽろを2回

土曜日は平成狸合戦ぽんぽこを2回

日曜日は火垂るの墓を2回と、借りぐらしのアリエッティ2回

今日は借りぐらしのアリエッティ2回と、猫の恩返しを見ました。

 

今日あと何見よう。

まあいいか、とりあえず風呂だ。

 

 

明日からまた戦争だ。ふぁいつ。

 

またね。

 




2019.09.17 Tuesday  今日はお風呂に入ってから寝たい

たかだか出勤時間が1時間早くなって

たかだか起床時間が1時間30分早くなって

たかだか同じ業種とはいえやる事が少し変わったというだけで

なぜこんなにも疲労してしまうのか・・・・

まだ火曜日が終わったところという事が

信じられない今日の私です。

 

※※※   ※※※   ※※※

 

ただ今日起こった出来事、その時感じたことを

適当に書いておりますこちらのブログ。

 

そもそも私は何かを伝えたかったのか・・・・

本人さえわかっていないという失態を重ねつつ・・・

 

時々ラーメンだったり新選組だったり新選組だったりに関して

ものすごい勢いで熱弁するときは

第三者に対して伝えたいことに分類されるとは思うのですが

 

ことブログに関しては

音楽のように伝えたい気持ちをもって挑んでおらず

そもそも音楽も伝えたくてやっていた部分が100%でもなかったので

(もちろん曲によっては、伝えたいものがある曲もありましたが

難しいところです。

 

書く人は私、読む人は皆さま。なので

感じることはそのまま感じて頂いてまったく問題ないですし

わたしもそれをまるっとね!

 

こう書いたことにはこう答えてほしい!

という願望があるわけでもないのですが、

ただ、あまりに考えないで書いているせいで

あっなんかズレちゃってる!と

皆様のコメントを読んでから気づき

直そうにも時すでに遅しを重ね続けるということに関し

シンプルに言って、ただの言い訳の類を重ねてしまい

大変失礼いたしました・・・

 

内容は上と少し重複しますが

伝えたいことは、格別ないのですが

読んでくださる人がいる以上

私の言い方の雑さによる語弊のようなものを避けたい気持ちはあるのですが

それは伝えたいという部類に入ると認識しておらず

ただのおのれとの戦いのようなものと認識しておりました・・・

まずそこが私がズレる原因なのか・・・・

 

うーむ。課題。

 

※※※   ※※※   ※※※

 

なあんて言い訳をつらつら書いておりましたら

昔mixiだったかなあ。

控えめに言って、とても長いブログを書いた後で

「何にも書きたいことがない」といった種類の言葉で締めくくったところ

こんなにいっぱいかいてるのに!と、言われたことを思い出しました。

 

個人的には、もはや言いたいことが何もないのに

無理やりつらつら書いたら長くなってしまったよ。

でもこんなどうしようもなく、

くだらない事を書きたかったわけではないし

本当に書くことが何もないから、こんなくだらない事ばかりを書いてしまったんだよ。

という、ちょっとしたジョークのつもりだったのですが

まあ、見ている方にはまったくもって

「こんないっぱい書いてるのに?」

それに尽きるよなあ。なんて。

 

まあ、これもまたどうでもよい話なのですが。

 

※※※   ※※※   ※※※

 

そしてまた、そんなことをつらつら書いておりましたら

冗談を言っても、冗談だと受け取ってもらえず

相手を怒らせてしまうばかりの主人公と

その小説を思い出しました。

 

※※※   ※※※   ※※※

 

先週の金曜日。

 

仕事終わって、バイト終わって、終電なくなって、タクシーで帰宅した高円寺駅。

お巡りさんが「念のため、もう1枚撮りますねー!」と、

スマートフォンを向けているその先には

高円寺らしい若者2人が、

ものすごい笑顔でピースサインを作っていた。

そのうち片方が、私に気づき

少し恥ずかしそうな仕草をしているのを見て

私は慌てて視線を前に向けながら

高円寺のお巡りさんは、いろんな仕事をしているなあ。と

クスっと笑いをこらえられずにいるところを

向かいの花屋さんのシャッターに寄りかかっていたおじさんに見られて

今度は私が少し恥ずかしい気持ちになるのでありました。

 

※※※   ※※※   ※※※

 

帰ってすぐ

もう布団に飛び込み眠りたいと思いながらも

服を着替え、

接骨院に行き

洗濯機を2回回し

風呂に入り、ご飯をたべ

歯を磨いて漫画を読み

ブログまで書いた私になかなか驚きを隠せずにいますが

23時には寝たいところです。

 

そうそう

旅行先で、ご当地ラーメンを買いあさった結果

とんでもない量になってしまい

これからもう朝ごはんはご当地ラーメン一択になりそうなところ

最近納豆とみそ汁と漬物という生活が

胃に嬉しいお年頃の私には

朝からご当地ラーメン一択生活が既に耐えきれず

明日の朝はもはや納豆ご飯みそ汁漬物さえ辛く感じ

梨とか食べたいよ梨。

と思っていたところ、友達からお土産をもらいましたら、そちらも麺でした。

 

 

麺・・・・

 

 

まだまだ麺・・・

 

 

あげくに麺・・・

 

まあ、好きだから良いんですがね。

お土産のソーキそばとかもうぜったいおいしいやつではないか・・・

んああ!私の内臓がもう少し丈夫だったなら・・・・

 

おっと、漫画を読んで寝ます。

今日はお酒も控えました。

えらいぞわたし。

 

パタンキュー

 

またね。

 

 




/ 1 / 111 / >>

Profile

Archives

admin